いま、わたしたちができること。

募金

【Yahoo!基金】熊本地震災害緊急支援募金

ふるさと納税で被災地支援を

ふるさと納税制度を活用した被災地域の自治体への寄付を募っております。

ボランティア

基礎知識を学ぼう

被災地ではまず情報を収集して行動しましょう。
ボランティア参加は事前の申し込みが必要な場合や、当日朝現地で受付の場合など、災害ボランティアセンターによって受付方法が異なる場合があります。被災地の市区町村の最新情報を入手し、計画を立てて現地に向かいましょう。

ボランティア保険に加入しよう

現在も余震が続いている被災地では、ボランティア活動中の怪我や事故などの二次災害に巻き込まれる可能性があります。ボランティア活動に最適な保険がありますので、必ず加入しましょう。

宿泊先を確保しよう

ボランティアセンターでは食事・宿泊場所が用意されません。各自が必要な食料や宿泊場所を確保した上で参加しましょう。

ボランティア活動における、宿泊、設備、必要な場所への情報提供などの拠点として、ボランティア専用のキャンプ場もご活用ください。

ボランティアビレッジ

装備を整えよう

各地のボランティアセンターでは、活動のための装備品の提供はありません。各自でご用意いただく必要があります。安全装備を確保した上で参加しましょう。

ボランティアの装備の例

物資

物資を送る前に

避難所のニーズは常に変化しています。物資受け取りは現在休止中の自治体も多く、配送は混雑しています。物資の分別や配送作業の効率化のためにも、電話等でのお問い合わせは控えましょう。

物資を送る

被災者が電話で必要な生活物資(食料品や衣類や衛生用品等)を伝えるだけで、日本中から無料で支援を受けることができる「LOHACO 応援ギフト便」をご活用ください。

LOHACO応援ギフト便の仕組み

「生活物資」の購入費用を支援者、配送費をアスクルが負担します。生活物資は、避難場所からのご要望に沿った商品群から選定をして掲載しています。

ロハコ応援ギフト便

※本支援を行いたい場合は、アスクル株式会社がヤフー株式会社の協力により運営する一般消費者向けの通販・ネットショッピングサイト「LOHACO」での登録が必要となります。

※募金をするには、Yahoo!ウォレットへの登録(無料)が必要です。 ※Tポイントで募金するには、ご利用可能なポイント残高のあるYahoo! JAPAN IDでのログインが必要です。

写真提供:アフロ